スポーツネットワークジャパン
2018年8月17日
東レ パン パシフィック オープンテニス実行委員会
◇◆◇◆◇第7回世界ポールスポーツ選手権大会 ◇◆◇◆◇
================================================================
車いす女子テニストッププレイヤーが対戦
エキシビションマッチを9月23日に開催

大谷 桃子選手(車いす女子テニス日本ランキング3位/世界ランキング19位)
船水 梓緒里選手(車いす女子テニス日本ランキング5位/世界ランキング23位)
元テニスプレイヤー 佐伯 美穂さん、吉田 友佳さんとのニューミックスダブルスも実施

================================================================

 東レ パン パシフィック オープンテニス実行委員会(トーナメントディレクター:中川裕、所在地:東京都港区)が実施する「東レ パン パシフィック オープンテニストーナメント 2018」(略称:東レ パン パシフィック オープンテニス)<会期:2018年9月15日(土)〜9月23日(日・祝)/会場:アリーナ立川立飛及びドーム立川立飛>にて、9月23日(日・祝)シングルス決勝戦および表彰式終了後、車いす女子テニスシングルス及びニューミックスダブルスのエキシビションマッチの開催が決定しました。試合の様子は東レPPOテニス トーナメントアンバサダーである沢松 奈生子氏がコートサイドにてライブ解説いたします。
 東レ パン パシフィック オープンテニス実行委員会
http://www.toray-ppo.com/

 障害者スポーツのひとつ、車いすテニスの魅力を、来場いただいた皆様に体感いただきたく、昨年に引き続き、車いすテニスとニューミックスダブルス(車いすテニス選手と健常者のペアによるダブルス)を実施いたします。第1試合は、車いす女子テニス日本ランキング3位/世界ランキング19位の大谷 桃子選手と同5位/23位の船水 梓緒里選手の対戦です。第2試合は、元プロテニス選手の佐伯美穂さん(自己最高WTAランキング56位)と吉田 友佳さん(同52位)が車いす選手とペアを組み、3ゲーム先取マッチ、ノーアドバンテージで実施します。ぜひこの機会に、チェアワークやラケットさばきをご観戦ください。※車いすテニス世界ランキング(ITF国際ランキング)8月6日現在、国内ランキング(JWTA国内ランキング)7月20日現在

<エキシビションマッチ概要>
期日:2018年9月23日(日・祝)シングルス決勝戦および表彰式終了後
内容:第1試合 車いすテニスシングルス
   大谷 桃子選手(車いす女子テニス日本ランキング3位) VS. 船水 梓緒里選手(同5位)
   第2試合 ニューミックスダブルス
       (車いすテニス選手と健常者のペアによるダブルス)
   大谷 桃子選手/佐伯 美穂さん VS. 船水 梓緒里選手/吉田 友佳さん
解説:沢松 奈生子(東レPPOテニス トーナメントアンバサダー)

【出場選手プロフィール】
※車いすテニス世界ランキング(ITF国際ランキング)8月6日現在、国内ランキング(JWTA国内ランキング)7月20日現在

■大谷 桃子 (Momoko Ohtani)
1995年8月24日生まれ(22才) 右利き
<車いすテニスシングルスランキング>
日本ランキング:3位 世界ランキング:19位
小学3年生からテニスを始め、高校3年時にインターハイ出場を果たす。高校卒業後に病気を発症し車いす生活となったが、父の勧めで車いすテニスを体験。すぐに夢中になり車いすテニス競技活動を開始すると、わずか8ヶ月後に全日本選抜車いすテニスマスターズで準優勝するなど、瞬く間に頭角を現した。積極的に攻めていくパワフルなテニスが持ち味。
<主な戦績>
2018年 ミッドウエスト車いす選手権 シングルス優勝
    広島ピースカップ      シングルス優勝
    仙台オープン        シングルス優勝
2017年 Vancouver International   シングルス優勝

■船水 梓緒里(Shiori Funamizu)
2000年11月8日生まれ(17歳) 左利き
<車いすテニスシングルスランキング>
日本ランキング:5位 世界ランキング:23位
中学1年生の時に、海での事故により、脊髄を損傷。車いすテニスを始めてから、ジュニア大会で優勝を重ねてきた。レフティーならではの球筋で相手選手を崩し、試合展開をするのが持ち味。
<主な戦績>
2018年 世界ジュニアマスターズ選手権     単・準優勝 複・優勝
2017年 NSW Wheelchair Tennis Open      単・優勝  複・優勝
2017年 ワールドチームカップ(世界国別選手権) 7位 日本女子代表
2016年 ワールドチームカップ(世界国別選手権) 7位 日本ジュニア代表
2015年 第1回車椅子ジュニア選手権大会     14歳以下の部 優勝

■佐伯 美穂 (Miho Saeki)
1976年3月18日生まれ
自己最高WTAランキング:56位 東レPPOテニス 1998・1999年本戦出場
高校卒業後にプロに転向し、世界のトッププレーヤーにも引けをとらない強力なフォアハンドやサーブを武器に世界のトップ選手と互角に渡り合い、世界ランク単56位、複49位を記録。
2004年全日本選手権シングルス優勝、2004年アテネオリンピック出場

■吉田 友佳 (Yuka Yoshida
1976年1月4日生まれ
自己最高WTAランキング:52位 東レPPOテニス 1999年本戦出場
両手打ちのバックハンド・ストロークを最大の武器にしたベースライン・プレーヤー。WTAツアーではダブルスで3勝を挙げた。
2003年全日本選手権シングルス・ダブルス優勝
2013〜2015年フェドカップ日本代表監督

【このリリースに関するお問い合わせ】
一般社団法人日本ポール・スポーツ協会 大会実行委員会
大阪市中央区南船場1-3-21 グラスコートビル803号
担当: 岡本
TEL : 06-6226-8928
MAIL: contact@japanpolesports.org